• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

変則間隔の菅野が9勝目 巨人は先発淘汰で“失業者”続出

 巨人のエース・菅野智之(27)が首脳陣のムチャ遣いに応えた。

 中4日だった前回から11日のヤクルト戦に中5日で登板。7回を5安打無失点と危なげない投球で8三振を奪った。これでリーグ単独トップの9勝目(4敗)。その前は中4日で勝っている。強さを見せるエースに高橋由伸監督(42)は「中4日、5日と変則になってしまったけど、いい投球をしてくれた」と最敬礼。菅野も「疲れているけど、そんなことも言っていられないチーム状況なので」とお立ち台で汗を拭った。

 前日は田口が中5日で8勝目を挙げた。日本球界では先発投手が6人で登板間隔を6日間あけるのが普通だが、これなら6人も必要ない。そもそも、借金7で5位の巨人にそんな余裕はなく、間隔を詰めれば、菅野、田口、マイコラスの「先発3本柱」を数多く投入できるのだ。

 原前監督時代の14年に中5日制を本格的に導入したことがある。この時、原前監督は「中5日だと厳選された柱が5人って感じになる。6人で回すと弱さを感じる人が中には出てくるんだよ」とその効果を説明していた。尾花投手コーチが一軍担当に就任した15年オフ、「週6試合として先発全員が1カ月に1回、中4日で投げれば、5人を中5日で回せる」と持論を展開していただけに、“原ローテ”が後半戦に復活する可能性が出てきた。

 菅野が中4日にも5日にも動じないことで先発枠を減らせれば、6人目に位置する内海、大竹、FA加入の山口俊あたりの当落線上の投手たちは、自然と淘汰される。エースがフル回転して勝てば勝つほど、職を失う投手が出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る