変則間隔の菅野が9勝目 巨人は先発淘汰で“失業者”続出

公開日: 更新日:

 巨人のエース・菅野智之(27)が首脳陣のムチャ遣いに応えた。

 中4日だった前回から11日のヤクルト戦に中5日で登板。7回を5安打無失点と危なげない投球で8三振を奪った。これでリーグ単独トップの9勝目(4敗)。その前は中4日で勝っている。強さを見せるエースに高橋由伸監督(42)は「中4日、5日と変則になってしまったけど、いい投球をしてくれた」と最敬礼。菅野も「疲れているけど、そんなことも言っていられないチーム状況なので」とお立ち台で汗を拭った。

 前日は田口が中5日で8勝目を挙げた。日本球界では先発投手が6人で登板間隔を6日間あけるのが普通だが、これなら6人も必要ない。そもそも、借金7で5位の巨人にそんな余裕はなく、間隔を詰めれば、菅野、田口、マイコラスの「先発3本柱」を数多く投入できるのだ。

 原前監督時代の14年に中5日制を本格的に導入したことがある。この時、原前監督は「中5日だと厳選された柱が5人って感じになる。6人で回すと弱さを感じる人が中には出てくるんだよ」とその効果を説明していた。尾花投手コーチが一軍担当に就任した15年オフ、「週6試合として先発全員が1カ月に1回、中4日で投げれば、5人を中5日で回せる」と持論を展開していただけに、“原ローテ”が後半戦に復活する可能性が出てきた。

 菅野が中4日にも5日にも動じないことで先発枠を減らせれば、6人目に位置する内海、大竹、FA加入の山口俊あたりの当落線上の投手たちは、自然と淘汰される。エースがフル回転して勝てば勝つほど、職を失う投手が出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る