• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退レースはライバル欠場 ボルトの“花道”をIAAF後押し

 世界最速男に追い風である。

 4日(日本時間5日)開幕の世界選手権(ロンドン)を最後に引退を表明している陸上男子短距離王者のウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)。

 100メートルで最大のライバルと目されていたリオ五輪銅メダルのアンドレ・ドグラス(22=カナダ)が2日(同3日)、右太もも裏を故障したため欠場を発表した。ドグラスは今年6月に追い風参考ながら、9秒69をマーク。今季最高タイムとされるクリスチャン・コールマン(21=米国)の9秒82を上回る好タイムを記録した。ボルトの今季ベストは9秒95。世界7位のタイムで調整不足が囁かれている。長らくライバル関係にあるリオ五輪銀のジャスティン・ガトリン(35=米国)らが控えているとはいえ、最大の好敵手であるドグラスの不在はボルトにとって願ってもないチャンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る