• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歴代最多タイ949試合登板 中日の鉄腕・岩瀬は“鉄の胃袋”

「自分としてはピンとこないですが、よくここまで投げられたなと思う」

 控えめに喜びを表現したのは中日の岩瀬仁紀(42)。4日の巨人戦に九回途中から登板し、米田哲也(阪急など)が持つ949試合の最多登板記録に並んだ。

 歴代最多の通算403セーブを挙げる鉄腕は、入団1年目の1999年から15年連続で50試合に登板。2015年は故障で一軍登板なしに終わるも、今季はすでに45試合に登板するなど、復活を果たしている。

「本拠地の試合では、球場入りしてまず風呂で体を温め、初動負荷のトレーニングをこなしてからブルペン入りするといったように徹底してルーティンを崩さない。入念な準備に加えて、タフな胃袋も持っています」

 とは、さる中日OB。

「入団当初はなかなか体重が増えず、夜中にアイスクリームをほおばって体重を増やそうと努力していた。30代にさしかかったあたりから、体形が変化して太りやすくなった。以前よりも食べる量を減らしたり野菜を多くとったりと気を使っているが、基本的に遠征先では、今日は鍋、今日は焼き肉、といった感じで好きなもの、食べたいものを食べる。それこそ全盛期は焼き肉屋に行けば、白メシもおかわりしながら、カルビやロースなどを何人前もペロリと平らげ、若手を驚かせていた。抑えのマウンドを『本当に恐ろしい場所』と話すくらい自らを追い込んで投げる男だから、試合後までストレスをため込まないようにとの考えもあるのでしょう。また、岩瀬は酒が飲めないのですが、これも野球においてプラスになっているはずです」

 鉄腕に鉄の胃袋アリ――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る