親会社は社長交代も 中日・森監督は「2年安泰」の高評価

公開日:

「球団内の潮目が変わりつつあるのは確かですが……」

 マスコミ関係者がこう言うのは26日、親会社の中日新聞社の社長に常務の大島宇一郎氏(53)が就任した一件だ。関係者が続ける。

「球団のオーナー代行を兼務する大島社長は、創業一族の『大島家』。いずれは白井文吾会長兼球団オーナー(89)からオーナー職を引き継ぐとみられる。そうなると首脳陣の人事など球団運営にも影響が及ぶ。森監督ら外様のメンバーに代わり、OBが台頭するでしょうが、当の白井オーナーはまだまだ元気で当分、第一線を退くことはない。11年を最後に遠ざかるリーグ優勝を果たしたいと強く思っていますから」

「後ろ盾」が健在なら森監督にとっては追い風だ。前年最下位だった中日は現在4位をキープ。27日の阪神戦(浜松)で凱旋勝利を挙げた高卒4年目の鈴木(22)がプロ初勝利を含め4勝をマークし、高卒2年目の小笠原(19)も先発ローテの一角を担う。野手はドラフト2位新人の京田(日大)が遊撃に定着しそうで、先日は白井オーナーが「よくやっている。去年と全く違う。若手が期待できる」と評価した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る