岩瀬に現状維持“温情査定” 高橋善正氏「中日甘い」と辛口

公開日:  更新日:

「昔の名前で出ています」じゃあるまいし。

 24日に中日の岩瀬仁紀(42)が契約交渉を行い、現状維持の5000万円で更改した。

「普通に考えたらダウンです。もう一度、ここから這い上がる気持ちで」と話した岩瀬。今季はわずか15試合、10回3分の1で防御率6.10と、まるで戦力にならなかった。昨季は1試合も実戦登板がなく、年俸も3億円から2億5000万円減の大幅ダウン。岩瀬自身も「昨年のことがあったからでは」と、現状維持の理由を推測したが、それでも5000万円は安くはない。

 評論家の高橋善正氏は「おかしな話です」と、こう続ける。

「働いて成績を残せばアップ、そうでなければダウンというのが、プロ野球の査定です。成績は落ちる一方、引退も近い42歳に、なぜ5000万円も払う必要があるのか。確かに岩瀬は長く抑えとして活躍し、チームへの貢献度は高かった。それは誰もが認めるところ。しかし、過去の働きと今季の年俸査定とは切り離して考えるべきです。功労者というならば、球団は引退後に指導者として迎え入れるなど、違った形で評価すればいい。そこは中日という会社の甘さでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る