岩瀬に現状維持“温情査定” 高橋善正氏「中日甘い」と辛口

公開日:  更新日:

「昔の名前で出ています」じゃあるまいし。

 24日に中日の岩瀬仁紀(42)が契約交渉を行い、現状維持の5000万円で更改した。

「普通に考えたらダウンです。もう一度、ここから這い上がる気持ちで」と話した岩瀬。今季はわずか15試合、10回3分の1で防御率6.10と、まるで戦力にならなかった。昨季は1試合も実戦登板がなく、年俸も3億円から2億5000万円減の大幅ダウン。岩瀬自身も「昨年のことがあったからでは」と、現状維持の理由を推測したが、それでも5000万円は安くはない。

 評論家の高橋善正氏は「おかしな話です」と、こう続ける。

「働いて成績を残せばアップ、そうでなければダウンというのが、プロ野球の査定です。成績は落ちる一方、引退も近い42歳に、なぜ5000万円も払う必要があるのか。確かに岩瀬は長く抑えとして活躍し、チームへの貢献度は高かった。それは誰もが認めるところ。しかし、過去の働きと今季の年俸査定とは切り離して考えるべきです。功労者というならば、球団は引退後に指導者として迎え入れるなど、違った形で評価すればいい。そこは中日という会社の甘さでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る