救援不安の巨人 “イップス”沢村復帰リミットまであと10日

公開日:  更新日:

 巨人が序盤のリードを守れずに逆転負けを食らった。

 3日のヤクルト戦で幸先良く4点を先制したものの、2点リードの六回から2番手の桜井が2点を許して同点。3番手の西村が七回1死二塁からバレンティンに決勝2ランを浴び、今季初の6連勝を逃した。

 高橋由伸監督は「投手は少しでも失点を少なく、打者は得点を1点でも多くというのはいつも変わらない」と淡々と話したが、この日は内海が5回3失点。先発が早い回で降板すると巨人はもろい。八回のマシソンと九回のカミネロ以外の救援陣が、相変わらず不安定なのだ。

 そこで待たれるのは、二軍調整中の2人の投手。9年連続60試合登板の山口鉄也(33)、昨季のセーブ王の沢村拓一(29)である。

 左腕のコンディション不良からの復帰を目指す山口鉄は、先月末の二軍戦で実戦登板を果たしている。順調なら8月中旬に一軍復帰予定となっているが、問題は右肩痛で今季登板がない沢村の方だ。キャンプで出遅れ、初登板となった3月のオープン戦で投じた初球が頭部死球となり、わずか1球で危険球退場。その後、右肩痛を理由に三軍落ちとなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る