ド軍デビュー戦で10K ダル“史上最速1000奪三振”秒読みへ

公開日: 更新日:

 ドジャース・ダルビッシュ有(30=前レンジャーズ)が、奪三振の量産態勢に入った。

 移籍後初登板初勝利となった4日(日本時間5日)のメッツ戦で10奪三振。今季5度目の2ケタ奪三振をマークし、計158奪三振とした。

 サイ・ヤング賞候補にノミネートされた2013年にはメジャートップの277個の奪三振。これまでスコアブックに多数の「K」(三振)を並べ、今回の登板でメジャー通算970奪三振。通算1000奪三振までカウントダウンに入った。

 ダルは先のメッツ戦まででメジャー通算123試合に登板。驚異的なペースで奪三振を積み重ねており、順調なら8月中に大台到達も可能だ。リーグをまたいだ移籍のため、今季のダルはサイ・ヤング賞を筆頭に個人タイトル受賞の権利はなくなったものの、ケリー・ウッド(カブスなど)の持つ通算1000奪三振の史上最速記録(134試合)の更新も見えてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  5. 5

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る