• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ド軍移籍初登板のダル 力みながらも150キロ台の直球連発

「世界一請負人」が、いよいよデビューである。

 ドジャースに移籍したダルビッシュ有(30=前レンジャーズ)が4日(日本時間5日)、今季7勝目(9敗)をかけてニューヨークでのメッツ戦に登板した。

 ドジャーブルーのユニホームに「背番号21」を背負ってシティフィールドのマウンドに上がったダル。好調なチームにエース格として迎えられただけに、全米の注目が集まる初登板の立ち上がりは緊張もあってか力みが目立った。

 一回、1死一塁で打席には3番ブルース。今年6月の対戦では2打席連発を許している相手に初球は154キロをマーク。打たれた記憶が鮮明に残っているからだろう。際どいコースを突きながらも、ことごとくストライクゾーンを外れ、最後はスライダーが高めに抜けて四球で歩かせた。いきなりピンチを背負ったが、経験豊富なダルは、ここから落ち着きを取り戻す。4番セスペデスを左飛に打ち取ると、続くグランダーソンの頭上をかすめる強烈な当たりをとっさに差し出したグラブに収めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る