レンジャーズが印象操作 ダル“駆け込みトレード”の全真相

公開日: 更新日:

 両球団が合意に達したのはトレード期限(日本時間1日午前5時)の1分前だったという。

 レンジャーズのダルビッシュ有(30)が、若手3選手との交換でドジャースに移籍。レンジャーズとドジャースの間では交換要員をめぐって、激しい攻防があったといわれる。

 レンジャーズにしてみれば、実績あるエースを放出するのだから、それなりの見返りを求めるのは当然。しかし、“商談”がここまで数週間にわたってもつれたのは、レンジャーズ側の事情によるところが大きい。

「レンジャーズはそもそも、ダルを放出すべきかどうか逡巡していた。ダルに対する球団内部の評価は、意外なほど低いものだったのです」と、西海岸の代理人関係者がこう続ける。

「ダルはクラブハウス内で入念にトレーニングや体の手入れをします。それ自体は好ましいことであっても、そのためにトレーナーや裏方を含め、たくさんのスタッフが必要になる。しかも、連日です。つまりダルのコンディションを維持するために、ケタ違いの労力が必要になるのです。フロントや首脳陣は割に合わないどころか、チームにとって、むしろダメージになると判断しています。さらに起用法や調整をめぐって、バニスター監督やブロケイル投手コーチとの関係は必ずしも良好ではなかったと聞きました。レンジャーズがこのオフ、今季限りで契約が切れるダルと再契約を結ぶかもしれないというのもあくまでウワサにすぎない。レンジャーズは再契約に関して、むしろ後ろ向きだといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    病床の堀江しのぶを守るため“天敵”梨元勝にメディア対応依頼

もっと見る