レンジャーズが印象操作 ダル“駆け込みトレード”の全真相

公開日:

 両球団が合意に達したのはトレード期限(日本時間1日午前5時)の1分前だったという。

 レンジャーズのダルビッシュ有(30)が、若手3選手との交換でドジャースに移籍。レンジャーズとドジャースの間では交換要員をめぐって、激しい攻防があったといわれる。

 レンジャーズにしてみれば、実績あるエースを放出するのだから、それなりの見返りを求めるのは当然。しかし、“商談”がここまで数週間にわたってもつれたのは、レンジャーズ側の事情によるところが大きい。

「レンジャーズはそもそも、ダルを放出すべきかどうか逡巡していた。ダルに対する球団内部の評価は、意外なほど低いものだったのです」と、西海岸の代理人関係者がこう続ける。

「ダルはクラブハウス内で入念にトレーニングや体の手入れをします。それ自体は好ましいことであっても、そのためにトレーナーや裏方を含め、たくさんのスタッフが必要になる。しかも、連日です。つまりダルのコンディションを維持するために、ケタ違いの労力が必要になるのです。フロントや首脳陣は割に合わないどころか、チームにとって、むしろダメージになると判断しています。さらに起用法や調整をめぐって、バニスター監督やブロケイル投手コーチとの関係は必ずしも良好ではなかったと聞きました。レンジャーズがこのオフ、今季限りで契約が切れるダルと再契約を結ぶかもしれないというのもあくまでウワサにすぎない。レンジャーズは再契約に関して、むしろ後ろ向きだといいます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る