• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

移籍は得か損か ダルのドジャース入りをMLB通はどう見る

「貧打、拙守、リリーフ陣の不調と三重苦だったレンジャーズ時代と比べれば、新天地では大幅な勝ち星の上積みが期待できますよ」

 米7月31日のトレード期限ギリギリにドジャースへ移籍したダルビッシュ有(30)について、こう言うのはスポーツライターの友成那智氏だ。

 2日現在、チーム打率は30球団中28位(.240)のレンジャーズに対して、ドジャースは10位(.259)。

 リリーフ陣の防御率は30球団中22位(4.47)のレンジャーズに対し、ドジャースは2位(2.91)。ジャンセンはメジャーを代表するストッパーだ。

「ドジャースは強力打線とリリーフ陣が話題に上りますが、守備も安定しています。中でもベリンジャー、ペダーソン、プイグの外野3人は守備範囲が広いうえに強肩。拙守に足を引っ張られることなく、無駄な失点も減るはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事