IAAF認めた サニブラウン次回世界陸上メダル奪取に弾み

公開日:

 日本の若手スプリンターが陸上界トップのお墨付きを得た。国際陸連(IAAF)のセバスチャン・コー会長は13日(日本時間14日)に会見。世界選手権を総括し、男子200メートルで史上最年少(18歳5カ月)での決勝進出(7位)を果たしたサニブラウン・ハキームらの名前を挙げて「非常に若い才能が台頭した」と新鋭の出現を歓迎。今大会は史上最多となる70万5000枚超の入場券が売れただけに「これだけ注目を集めた大会は記憶にない」と大成功だと胸を張った。

 IAAFのトップから素質を高く評価されたサニブラウン。これで、次回19年ドーハ大会では好条件でレースに臨めそうだ。陸上の五輪や世界選手権の競技スケジュールは注目度が高かったり、世界記録更新が見込まれる選手が優先される。

 実際、今大会はウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)の2冠達成を後押しするため、当初は同じ8日に組まれていた400メートル決勝と200メートル予選を分離。200メートルを7日に変更した。2011年の韓国・テグ大会ではボルトに3冠(100メートル、200メートル、4×100メートルリレー)を取らせるため、通常は最終日に行う4×400メートルリレーを前倒しして4×100メートルリレーを最後に実施した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る