• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

IAAF認めた サニブラウン次回世界陸上メダル奪取に弾み

 日本の若手スプリンターが陸上界トップのお墨付きを得た。国際陸連(IAAF)のセバスチャン・コー会長は13日(日本時間14日)に会見。世界選手権を総括し、男子200メートルで史上最年少(18歳5カ月)での決勝進出(7位)を果たしたサニブラウン・ハキームらの名前を挙げて「非常に若い才能が台頭した」と新鋭の出現を歓迎。今大会は史上最多となる70万5000枚超の入場券が売れただけに「これだけ注目を集めた大会は記憶にない」と大成功だと胸を張った。

 IAAFのトップから素質を高く評価されたサニブラウン。これで、次回19年ドーハ大会では好条件でレースに臨めそうだ。陸上の五輪や世界選手権の競技スケジュールは注目度が高かったり、世界記録更新が見込まれる選手が優先される。

 実際、今大会はウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)の2冠達成を後押しするため、当初は同じ8日に組まれていた400メートル決勝と200メートル予選を分離。200メートルを7日に変更した。2011年の韓国・テグ大会ではボルトに3冠(100メートル、200メートル、4×100メートルリレー)を取らせるため、通常は最終日に行う4×400メートルリレーを前倒しして4×100メートルリレーを最後に実施した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る