IAAF認めた サニブラウン次回世界陸上メダル奪取に弾み

公開日: 更新日:

 日本の若手スプリンターが陸上界トップのお墨付きを得た。国際陸連(IAAF)のセバスチャン・コー会長は13日(日本時間14日)に会見。世界選手権を総括し、男子200メートルで史上最年少(18歳5カ月)での決勝進出(7位)を果たしたサニブラウン・ハキームらの名前を挙げて「非常に若い才能が台頭した」と新鋭の出現を歓迎。今大会は史上最多となる70万5000枚超の入場券が売れただけに「これだけ注目を集めた大会は記憶にない」と大成功だと胸を張った。

 IAAFのトップから素質を高く評価されたサニブラウン。これで、次回19年ドーハ大会では好条件でレースに臨めそうだ。陸上の五輪や世界選手権の競技スケジュールは注目度が高かったり、世界記録更新が見込まれる選手が優先される。

 実際、今大会はウェード・ファンニーケルク(南アフリカ)の2冠達成を後押しするため、当初は同じ8日に組まれていた400メートル決勝と200メートル予選を分離。200メートルを7日に変更した。2011年の韓国・テグ大会ではボルトに3冠(100メートル、200メートル、4×100メートルリレー)を取らせるため、通常は最終日に行う4×400メートルリレーを前倒しして4×100メートルリレーを最後に実施した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る