東京五輪メダルへ現実味 サニブラウンの走りどう進化した

公開日:

 陸上の世界選手権男子200メートル決勝(10日=ロンドン)で20秒63で7位に終わったサニブラウン・ハキーム(18)。

 日本勢14年ぶりの表彰台はならなかったが、大物の片りんを見せつけた。

 決勝本番では終盤に右足の異常で失速したものの、前半の100メートルでは海外勢と互角のレースを展開した。

 レース後のサニブラウンは「恐らく五輪に向けてレベルが上がってくると思うので、決勝に出てメダルを取れるように悔しさと反省点を生かして練習していきたい」と、20年東京五輪を見据えて前向きに話した。

 18歳5カ月で決勝に進出し、世界最速男のウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)が持つ18歳11カ月の史上最年少記録を更新。15年世界ユース選手権(コロンビア)200メートル決勝では、ボルトが03年にマークした大会記録(20秒40)を塗り替えて20秒34で優勝した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る