• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界陸上400m連覇 ファンニーケルクの稼ぎと市場価値

 世界最速男の“後継者”が圧倒的な強さを発揮した。

 陸上の世界選手権(ロンドン)は8日(日本時間9日未明)、男子400メートル決勝を行い、世界記録(43秒03)保持者のウェード・ファンニーケルク(25=南アフリカ)が43秒98で連覇を達成した。

 ファンニーケルクは上々のスタートを切ると最終コーナーを回ってトップに。最後の直線でライバルの猛追を受けたが、最後は流すようにゴールした。

 15年北京大会で優勝し、一躍、世界から注目を浴びた南アのスプリンターは400メートルに加えて、自己ベストはそれぞれ100メートル9秒94、200メートル19秒84と、いずれもトップレベル。今大会を最後に引退を表明している100メートル(9秒58)、200メートル(19秒19)の世界記録保持者であるウサイン・ボルト(30=ジャマイカ)もファンニーケルクの素質を絶賛。「俺が引退した後は、彼が陸上界を引っ張っていくことになるだろう」と後継者に指名しているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事