優良選手がゴロゴロ…巨人と阪神が韓国で助っ人争奪戦

公開日:

「韓国プロ野球の試合に日本のスカウトが熱心に足を運んでいる。特に巨人と阪神はよく見かけます」

 韓国メディアの記者がこう言う。

 彼らが追いかけているのは、投手ではヘクター(30=KIA)、野手では捕手兼内野手のロザリオ(28=ハンファ)という。

「ヘクターは首位を快走するチームの勢いに乗り、打高投低の韓国球界で15勝2敗、防御率3.33の好成績。昨年の15勝を上回るペースで勝ち星を挙げている。ロザリオも今季2年目で打率.328、31本塁打、88打点。昨季が打率.321、33本塁打、120打点ですから、こちらもさらにパワーアップしている印象です」(前出の記者)

 韓国の助っ人選手といえば、2年連続40本塁打、15年には「40本塁打40盗塁」をマークしたテイムズ(NCダイノス)が昨オフ、日米球団による争奪戦の末、3年1600万ドル(約18億円)でブルワーズと契約するなど、レベルの高さは折り紙つきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る