DeNA新助っ人エスコバーは投げる前から“お荷物”扱い?

公開日:

 焼け石に水かもしれない。

 6日の阪神戦でDeNA投手陣が崩壊。先発の飯塚悟史(20)が、初回の先頭打者に四球を与えるなど精彩を欠くピッチングを見せると、中継ぎ陣も次々と点を取られ、終わってみれば大量10失点。ラミレス監督は「(五回までに)7点取られて苦しくなった」と振り返った。

 阪神の2ケタ得点での勝利は6月6日のオリックス戦以来。首位広島(405得点)とはチーム得点が100点以上も少ない貧打の阪神(289得点)にボコボコにされてしまった。

 これでDeNAはリーグワーストの328失点。防御率(3・88)も最下位ヤクルトに次ぐ5位。打線がチームを助けているとはいえ、Aクラスにいるのが奇跡のような酷い数字だ。

 投手力の強化は以前からの課題だったが、この日は捕手の黒羽根利規(30)を放出し、日本ハムの新助っ人左腕、エドウィン・エスコバー(25)をトレードで獲得。試合前にはエスコバーが入団会見を行い、「ロングリリーフでも先発でも、チームを助けられることなら何でもやる」と意気込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る