• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA新助っ人エスコバーは投げる前から“お荷物”扱い?

 焼け石に水かもしれない。

 6日の阪神戦でDeNA投手陣が崩壊。先発の飯塚悟史(20)が、初回の先頭打者に四球を与えるなど精彩を欠くピッチングを見せると、中継ぎ陣も次々と点を取られ、終わってみれば大量10失点。ラミレス監督は「(五回までに)7点取られて苦しくなった」と振り返った。

 阪神の2ケタ得点での勝利は6月6日のオリックス戦以来。首位広島(405得点)とはチーム得点が100点以上も少ない貧打の阪神(289得点)にボコボコにされてしまった。

 これでDeNAはリーグワーストの328失点。防御率(3・88)も最下位ヤクルトに次ぐ5位。打線がチームを助けているとはいえ、Aクラスにいるのが奇跡のような酷い数字だ。

 投手力の強化は以前からの課題だったが、この日は捕手の黒羽根利規(30)を放出し、日本ハムの新助っ人左腕、エドウィン・エスコバー(25)をトレードで獲得。試合前にはエスコバーが入団会見を行い、「ロングリリーフでも先発でも、チームを助けられることなら何でもやる」と意気込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る