• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DeNA新助っ人エスコバーは投げる前から“お荷物”扱い?

 焼け石に水かもしれない。

 6日の阪神戦でDeNA投手陣が崩壊。先発の飯塚悟史(20)が、初回の先頭打者に四球を与えるなど精彩を欠くピッチングを見せると、中継ぎ陣も次々と点を取られ、終わってみれば大量10失点。ラミレス監督は「(五回までに)7点取られて苦しくなった」と振り返った。

 阪神の2ケタ得点での勝利は6月6日のオリックス戦以来。首位広島(405得点)とはチーム得点が100点以上も少ない貧打の阪神(289得点)にボコボコにされてしまった。

 これでDeNAはリーグワーストの328失点。防御率(3・88)も最下位ヤクルトに次ぐ5位。打線がチームを助けているとはいえ、Aクラスにいるのが奇跡のような酷い数字だ。

 投手力の強化は以前からの課題だったが、この日は捕手の黒羽根利規(30)を放出し、日本ハムの新助っ人左腕、エドウィン・エスコバー(25)をトレードで獲得。試合前にはエスコバーが入団会見を行い、「ロングリリーフでも先発でも、チームを助けられることなら何でもやる」と意気込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る