DeNA新助っ人エスコバーは投げる前から“お荷物”扱い?

公開日: 更新日:

 焼け石に水かもしれない。

 6日の阪神戦でDeNA投手陣が崩壊。先発の飯塚悟史(20)が、初回の先頭打者に四球を与えるなど精彩を欠くピッチングを見せると、中継ぎ陣も次々と点を取られ、終わってみれば大量10失点。ラミレス監督は「(五回までに)7点取られて苦しくなった」と振り返った。

 阪神の2ケタ得点での勝利は6月6日のオリックス戦以来。首位広島(405得点)とはチーム得点が100点以上も少ない貧打の阪神(289得点)にボコボコにされてしまった。

 これでDeNAはリーグワーストの328失点。防御率(3・88)も最下位ヤクルトに次ぐ5位。打線がチームを助けているとはいえ、Aクラスにいるのが奇跡のような酷い数字だ。

 投手力の強化は以前からの課題だったが、この日は捕手の黒羽根利規(30)を放出し、日本ハムの新助っ人左腕、エドウィン・エスコバー(25)をトレードで獲得。試合前にはエスコバーが入団会見を行い、「ロングリリーフでも先発でも、チームを助けられることなら何でもやる」と意気込んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る