昨季ナHR王カーターがマイナー落ち 日本球界入りあるのか

公開日: 更新日:

 メジャーの本塁打王がマイナー落ちしたニュースは、日本球界でも話題になっている。

 去る23日、ヤンキースが戦力外にしたクリス・カーター内野手(30=右投右打)のことだ。

 ブルワーズ時代の昨季、41本塁打をマークしてタイトルを獲得。今季はヤンキースでプレーしていたが、57試合で打率2割4厘、8本塁打、23打点。三振の多さも相変わらずで(ここまで70)、見切りを付けられた格好だ。

 昨季のナ・リーグの本塁打王ながら、206三振の粗さを敬遠されて、ヤンキースと契約したのは2月7日。一時は日本球界入りも視野に入れた親日家でもある。

 193センチ、113キロの巨漢。一塁守備はヘタクソなうえに鈍足。当たれば本塁打、当たらなければ三振という大型扇風機ではあるものの、曲がりなりにも昨年のメジャーの本塁打王だ。話題性も十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  2. 2

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<1>

  3. 3

    千葉被災者から怒りと悲鳴…支援金わずか13億円という冷酷

  4. 4

    石破氏から菅氏へ…“変わり身の早い男”は刺激欲求が強い

  5. 5

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  6. 6

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  7. 7

    事務所の社長を自ら解雇…小林幸子はマスコミから袋叩きに

  8. 8

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  9. 9

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  10. 10

    次は“一発KO”…西村経済再生相は週刊誌で次々と醜聞報道が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る