日ハム大谷 米スカウト陣の前で「技ありヒット」の価値

公開日:

 これには居並ぶメジャースカウトも「ワオ!」と驚いたに違いない。

 米球団のスカウト十数人が集結した、18日の札幌ドーム。彼らの目当てはもちろん、日本ハムの大谷翔平(23)だ。

 その大谷がバットで魅せた。六回1死走者なしの場面、西武先発の野上が投げた右足元に食い込むワンバウンドすれすれのスライダーを、イチローばりのバットコントールで右翼線二塁打。初回にもボール球になるフォークを中堅にはじき返す先制適時打を打ち、3打数2安打1打点の活躍だ。

 花巻東時代からメジャー垂涎の的だった大谷だが、当時は「160キロを投げる大型投手」という触れ込み。それが昨季は22本塁打を打つなど、バットでもメジャーの興味を引いている。「すでに複数球団が、メジャーでも二刀流をできないか検討している」とは、さる代理人筋だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る