大谷視察で米スカウト大挙も…入札制度改正で紛糾は必至

公開日:

 札幌が米球界のスカウトであふれ返っている。何でもその数は16人に上るらしい。普段ではあり得ない人数だが、週末に行われる日本ハム―西武戦で大谷翔平(23)を中心に視察するためだ。

 今オフ、ポスティング(入札制度)によるメジャー移籍が噂される大谷は、投手としての登板はなく、あくまで打者としての出番に限られそうだが、それでもわざわざ米国から大挙して押し寄せてくるのだから、獲得への本気度がうかがえる。

 ただ、だからといって大谷の移籍が実現するかといえば別問題だ。現在、日米間で改正に向けて動いているポスティング新制度の協議が紛糾必至だからである。

■入札金限度額は半分以下とも

「この問題は簡単には決まらないと思いますよ」

 某球団の幹部は渋い表情でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る