• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大谷視察で米スカウト大挙も…入札制度改正で紛糾は必至

 札幌が米球界のスカウトであふれ返っている。何でもその数は16人に上るらしい。普段ではあり得ない人数だが、週末に行われる日本ハム―西武戦で大谷翔平(23)を中心に視察するためだ。

 今オフ、ポスティング(入札制度)によるメジャー移籍が噂される大谷は、投手としての登板はなく、あくまで打者としての出番に限られそうだが、それでもわざわざ米国から大挙して押し寄せてくるのだから、獲得への本気度がうかがえる。

 ただ、だからといって大谷の移籍が実現するかといえば別問題だ。現在、日米間で改正に向けて動いているポスティング新制度の協議が紛糾必至だからである。

■入札金限度額は半分以下とも

「この問題は簡単には決まらないと思いますよ」

 某球団の幹部は渋い表情でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事