「4番」で初打点も…ハム大谷は投手復帰にメド立たず

公開日:

 遊撃へのゴロ、全力疾走、そして判定は……。

 9日、日本ハムの大谷翔平(23)が4番として初打点をマークした。

 楽天戦の初回、2死三塁の場面、大谷がバットを振り抜くと打球は遊撃の多少深めの位置へ。内野ゴロかと思われたが、そこは足が長くストライドが大きい大谷だ。全力でベースを駆け抜けると、判定は「セーフ」。さらに5番大田の遊ゴロでは二塁に滑り込むなど、懸念されていた足のケガの状態が上向きなのは間違いなさそうだ。

 とはいえ、それはあくまで「打者大谷」の話。「投手大谷」の登板はいまだメドが立っていない。ブルペン入りはこなせても、捕手を座らせた本格的な投球練習にはほど遠いのが現状だ。

 次の登板は米国のマウンドで……となっても、なんら不思議じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る