• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泥酔暴行の山口俊に巨人“温情処分”も現場で広がる不要論

 巨人は18日、男性警備員に暴行を加えるなどして自宅謹慎となっていた山口俊(30)に、今季終了までの出場停止、罰金、減俸の処分を下すと発表した。この日、警視庁目黒署に傷害と器物損壊の疑いで書類送検された山口俊は、球団事務所で謝罪会見に臨み、「今後このようなことが起こらないよう、社会人として自分を律してまいります」と何度も繰り返した。

 30歳の誕生日前日の7月10日、友人と集まった都内の飲食店で右手甲を切った。11日未明に治療を受けるため目黒区の病院を訪れたが、酒に酔った状態でドアを蹴って破壊。男性警備員の胸を押して腰部打撲など全治2週間の打撲を負わせていた。18日に暴行疑惑が発覚すると、予告先発となっていた同日の中日戦の登板を回避。翌19日に登録を抹消され、自宅謹慎となっていた。

 巨人が科した処分はこうだ。出場停止は8月18日から今季終了(11月30日)まで。罰金は事案の起きた7月11日から出場停止期間前日の8月17日までの間、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額。減俸は出場停止期間中の参稼報酬について、1日につき参稼報酬の300分の1に相当する金額の減額という。合計で1億円以上の減額になるとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事