専門家に聞いた 楽天・松井裕“左大円筋部分損傷”の深刻度

公開日: 更新日:

 本人も痛いが、チームも痛い。27日、パの首位をキープする楽天の絶対的守護神、抑えの松井裕樹(21)が左肩の不調を訴え登録抹消。仙台市内の病院で診察を受け、「左大円筋付着部炎部分損傷で競技復帰まで4週間」と診断されたのだ。

 何だかおどろおどろしい診断名だが、大丈夫なのか。「メディカルトリート代々木治療室」の院長でスポーツ障害が専門の若月順氏がこう言う。

「大円筋は肩甲骨の後ろにあり、野球の投手でいえば、腕の振りを止める役割を果たす筋肉。腕の振りが速い速球派の投手ほど負担がかかり、痛めやすい場所です。炎症が強ければ、72時間の安静後、リハビリを開始するのが一般的ですが、4週間で競技復帰との診断ということであれば、それほど深刻なものではないと考えられます。ただし、故障が癒えても、痛みや恐怖心が頭に残り、強く腕を振るのが怖くなったり、その結果、患部をかばってフォームを崩すというケースが少なくありません。松井投手は強く速く腕を振る力投型の投手だけに、より慎重に復帰の準備を進める必要があると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る