• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天に爆勝 西武ナインをその気にさせる逆転Vのジンクス

 ひょっとしたら、と思わせる爆勝劇だ。

 西武が15日、首位楽天との乱打戦を制して3連勝。7―7の同点で迎えた六回に山川、永江、外崎の1イニング3本塁打で4点を勝ち越すと、七回に1点、八回には一挙5点を追加し、今季最多の17得点で豪快に楽天をうっちゃった。

 西武は先月21日から球団タイ記録となる驚異の13連勝。その後、2勝4敗と勢いに陰りが見えたと思ったら、これで再び3連勝と上昇ムードだ。最大で11ゲームあった首位との差は、この日の勝利で6.5ゲーム。2位に陥落した楽天とは4.5ゲーム差になった。

 前回の13連勝は58年に前身の西鉄が記録。その年はくしくも首位南海と同じ11ゲーム差を逆転して優勝している。

「ナインもその気になっています。15日現在で残りは39試合。首位ソフトバンクと並ぶライバルの楽天と9試合を残しているうえ、今季14勝2敗と圧倒している日本ハム戦も同じく最大の9試合が残っている。エースの菊池雄星が入団8年でいまだソフトバンク戦に一度も勝っていないのは懸念材料ですが、新監督就任の年は優勝するというジンクスもナインをその気にさせている要因のひとつ。02年の伊原、04年の伊東、08年の渡辺と3監督が就任1年目でリーグ制覇を達成していますからね。辻新監督を中心に昨年までなかったまとまりがあるのは確かです」(球団OB)

 この日、3月のキューバとのWBC強化試合で死球を受けて左ヒジを骨折した森が復帰し、今季初出場。2安打3打点といきなり結果を出して、「打線に厚みが出る」と辻監督を喜ばせた。役者が揃って、いよいよ選手がその気になれば面白くなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る