不振ゆえに人気 中田翔を“FAの狙い目”とソロバン弾く球団

公開日:

 落ちるところまで落ちてしまった感のある日本ハムの中田翔(28)。22日のオリックス戦で8月5本目となる16号本塁打を放ったものの、リーグトップのレアードとは13本差。昨年タイトルを取った打点も60で、トップの柳田とは27差。打率.216にいたっては、規定打席に達している野手の中ではリーグ最下位にいる。

 17日、出場選手登録が8年に達し、国内FA権を取得。開幕前はオフにFAを行使しての阪神移籍が確実視されたものの、この体たらくだ。阪神はもちろん、他球団もさすがに尻込みするんじゃないかと思ったら、

「むしろ逆。今年の成績が散々だからこそFAを行使しやすいし、獲得もしやすいのです」

 と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「中田の今季年俸は2億8000万円。これで今季、タイトルでも取ってFA宣言しようものなら、複数球団による壮絶なマネーゲームに発展してもおかしくない。けれども、これだけ成績がヒドければ、獲得を視野に入れていた球団もさすがに及び腰になる。手を挙げる球団は、おのずと限られますからね。中田がからっきしで、逆にしめしめとほくそ笑んでいる球団があると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る