• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不振ゆえに人気 中田翔を“FAの狙い目”とソロバン弾く球団

 落ちるところまで落ちてしまった感のある日本ハムの中田翔(28)。22日のオリックス戦で8月5本目となる16号本塁打を放ったものの、リーグトップのレアードとは13本差。昨年タイトルを取った打点も60で、トップの柳田とは27差。打率.216にいたっては、規定打席に達している野手の中ではリーグ最下位にいる。

 17日、出場選手登録が8年に達し、国内FA権を取得。開幕前はオフにFAを行使しての阪神移籍が確実視されたものの、この体たらくだ。阪神はもちろん、他球団もさすがに尻込みするんじゃないかと思ったら、

「むしろ逆。今年の成績が散々だからこそFAを行使しやすいし、獲得もしやすいのです」

 と、さる日本ハムOBがこう続ける。

「中田の今季年俸は2億8000万円。これで今季、タイトルでも取ってFA宣言しようものなら、複数球団による壮絶なマネーゲームに発展してもおかしくない。けれども、これだけ成績がヒドければ、獲得を視野に入れていた球団もさすがに及び腰になる。手を挙げる球団は、おのずと限られますからね。中田がからっきしで、逆にしめしめとほくそ笑んでいる球団があると聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る