• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

不振ハム中田が復活 金髪から黒髪に戻し1カ月ぶり本塁打

 やれば出来るもんだ。

 3日、日本ハムの中田翔(28)が久々にホームランを打った。七回の先頭打者で、高校時代は共に「ビッグ3」と騒がれたロッテ先発の唐川から、左翼に12号ソロ。7月3日以来、実に一カ月ぶりの本塁打だ。

 この日の中田はひと味違った。前日には髪もヒゲもキンキラキン。どこのヤカラかといった風体だった。

 しかし、2日の2失策を反省したのだろう。わずか一日で茶髪に染め直し、少しは心を入れ替えたようだ。

 打率2割ちょっと、得点圏打率は2割以下とサッパリ打てず、この日は「6番・一塁」で出場した中田。髪の色を変えて打てるなら、これから日替わりで髪を染めたらいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る