不振ハム中田が復活 金髪から黒髪に戻し1カ月ぶり本塁打

公開日: 更新日:

 やれば出来るもんだ。

 3日、日本ハム中田翔(28)が久々にホームランを打った。七回の先頭打者で、高校時代は共に「ビッグ3」と騒がれたロッテ先発の唐川から、左翼に12号ソロ。7月3日以来、実に一カ月ぶりの本塁打だ。

 この日の中田はひと味違った。前日には髪もヒゲもキンキラキン。どこのヤカラかといった風体だった。

 しかし、2日の2失策を反省したのだろう。わずか一日で茶髪に染め直し、少しは心を入れ替えたようだ。

 打率2割ちょっと、得点圏打率は2割以下とサッパリ打てず、この日は「6番・一塁」で出場した中田。髪の色を変えて打てるなら、これから日替わりで髪を染めたらいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  4. 4

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  5. 5

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  6. 6

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  10. 10

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

もっと見る