• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督に迫られる決断 FA中田獲得と育成の看板で板挟み

 相思相愛ともっぱらだが……。

 17日に国内FA権を取得した日本ハムの中田翔の調査を続けている阪神。しかし、金本監督にとってはこの右打者の「取捨」が難しい。今季はAクラスは確保できそうな位置にいるものの、就任3年目の来季は何としても優勝したい。

 問題は戦力構成だ。

 金本監督の理想は、今の広島のように若い生え抜きが中心のチームだ。昨季、25年ぶりにリーグ優勝した広島は今季も、2位阪神に9・5ゲーム(18日現在)の大差をつけて首位を独走。18日のスタメンは6番エルドレッド以外はすべて生え抜きで、しかも5人は高卒だ。3番丸、4番鈴木はリーグを代表する中軸に育ちつつある。

 あるOBが言う。

「18日の西武戦で15号2ランを放った右打ちの中田は、右翼から左翼へ浜風が吹く甲子園では大きな戦力になる。中田は大阪桐蔭の出身で金本監督と同じ広島生まれ。2人は広島の同じジムに通い、合同自主トレを行ったこともある。中田は金本を兄のように慕い、金本もヤンチャな中田をかわいがってきた。だが、金本監督には『育てながら勝つ』という信念があり、口にもしている。他球団の大砲は取りたくないのが本音なのです。一方で、今季も優勝を逃せば12年間もぺナントを手にできないわけで、来季こそ最高の結果を残したいという気持ちが強くなるはずです。育成か補強による戦力アップか、金本監督は苦しい決断を迫られると同時に真価が問われることになる」

 オフに中田がFA宣言したとき、金本監督はどう出るか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事