• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本監督に迫られる決断 FA中田獲得と育成の看板で板挟み

 相思相愛ともっぱらだが……。

 17日に国内FA権を取得した日本ハムの中田翔の調査を続けている阪神。しかし、金本監督にとってはこの右打者の「取捨」が難しい。今季はAクラスは確保できそうな位置にいるものの、就任3年目の来季は何としても優勝したい。

 問題は戦力構成だ。

 金本監督の理想は、今の広島のように若い生え抜きが中心のチームだ。昨季、25年ぶりにリーグ優勝した広島は今季も、2位阪神に9・5ゲーム(18日現在)の大差をつけて首位を独走。18日のスタメンは6番エルドレッド以外はすべて生え抜きで、しかも5人は高卒だ。3番丸、4番鈴木はリーグを代表する中軸に育ちつつある。

 あるOBが言う。

「18日の西武戦で15号2ランを放った右打ちの中田は、右翼から左翼へ浜風が吹く甲子園では大きな戦力になる。中田は大阪桐蔭の出身で金本監督と同じ広島生まれ。2人は広島の同じジムに通い、合同自主トレを行ったこともある。中田は金本を兄のように慕い、金本もヤンチャな中田をかわいがってきた。だが、金本監督には『育てながら勝つ』という信念があり、口にもしている。他球団の大砲は取りたくないのが本音なのです。一方で、今季も優勝を逃せば12年間もぺナントを手にできないわけで、来季こそ最高の結果を残したいという気持ちが強くなるはずです。育成か補強による戦力アップか、金本監督は苦しい決断を迫られると同時に真価が問われることになる」

 オフに中田がFA宣言したとき、金本監督はどう出るか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る