埼玉初の夏制覇 花咲徳栄Vの裏に東北福祉大コネクション

公開日:

「悲願の優勝、何とか私たちが成し遂げました。ありがとうございました」

 そう話した岩井隆監督(47)の目には、うっすらと涙が光っていた。

 学校としても埼玉県勢としても、初めて灼熱の夏を制覇した花咲徳栄。昨23日の決勝戦は14―4という圧倒的大差で、広陵(広島)を粉砕した。

 埼玉県といえば、浦和学院1強の時代が続いていた。2013年春は全国制覇を達成し、15年春もベスト4に進出。そんな県内の勢力図が、ここ何年かで変わってきたという。

 埼玉県の高校野球関係者がこう言う。

「県内外の猛者が集まる浦和学院は、とにかく練習が厳しい。『あれは部活というより軍隊』と言う人もいるほどです。今の子はそうした指導法を敬遠しがち。県外からわざわざやってくる子は別にして、県内で浦和学院への進学を希望する有力選手は減っているのが実情です。花咲徳栄の岩井監督は自他ともに認める理論派で精神論を振りかざさない。『選手の自立』を指導方針に掲げている花咲徳栄に進学する選手が増えたというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る