• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4強はすべて複数投手起用 甲子園“エース依存時代”の終焉

 夏の甲子園大会で準決勝進出を決めた東海大菅生(西東京)、天理(奈良)、広陵(広島)、花咲徳栄(埼玉)の4校には共通点がある。在京球団のスカウトが言う。

「力量の変わらない投手が複数いること。ドラフト1位クラスはいませんが、東海大菅生は西東京大会の時から『140キロ級の投手が5人もいる』と話題になった。圧倒的な打力を持ちながら、清宮率いる早実が予選で東海大菅生に敗れたのも、計算できる投手が2年生の雪山ひとりだったことが大きい。甲子園に出るのも、出場して勝ち進むのも、複数の投手を揃えるのが条件。練習環境の向上、道具の進化で打力が上がってきた今は、絶対的なエースにオンブにダッコという時代ではなくなった」

■斎藤佑樹は7試合で948球

 この日、仙台育英(宮城)を10―4で下した広陵もそうだ。3試合連続を含む4本塁打を放ち、一躍、今秋ドラフトの目玉候補に浮上した超高校級捕手の中村奨成ばかりが注目されるものの、この日も山本、平元、森と3投手をつなぎ、九回途中から再び山本を登板させる延べ4投手の継投で仙台育英打線の反撃を断った。プロ注目左腕・背番号1の平元はここまでの全4試合に登板しながら、投球回数は19回3分の2にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る