大会新連発 広陵・中村奨成はプロでも清原を超えられるか

公開日:

「数々の記録? 優勝して、記憶にも記録にも残りたかった。満足はしていません。プロの舞台に立って悔しさを晴らしたいと思う」

 優勝は逃したが、23日、甲子園大会決勝でも、5打数3安打と打ちまくった広陵(広島)の中村奨成捕手(181センチ、78キロ、右投げ右打ち)が、「プロ入り宣言」した。

 6本塁打、17打点、43塁打は大会新。19安打と6二塁打は大会最多タイと、まさに記録ずくめの成績を残したものの、優勝はできなかった。その悔しさはプロで晴らすというのだ。

 1985年に、清原和博がマークした5本塁打を塗り替えたことから、スポーツマスコミは連日、「清原超え」「史上最強スラッガー誕生」と大騒ぎしている。

 中村が甲子園で打ちまくって、ドラフト1位候補に躍り出たのは間違いない。それどころか、複数球団が1位指名を早実の清宮幸太郎から中村に変更しようとしているのも事実だ。中村にそれだけの素質があるのは巷にあふれ返っているプロ、アマ両球界関係者のコメントからも疑いようがないが、しかし、過去に甲子園を沸かせた清原や松井秀喜と比べても遜色ないか。プロ1年目にいきなり3割、30本をマークした清原を超えるような活躍ができるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る