メッセの代役期待 メンドーサは虎逆転Vの救世主なれるか

公開日:  更新日:

「チームが優勝できるように貢献したい。プレーオフで投げたい」

 31日に阪神入りしたメンドーサ(33)は殊勝にこう言っていた。14年に日本ハムに入団し、4年目の今季は主に先発として20試合で3勝7敗、防御率3.97。成績はイマイチだが、15年には10勝をマークし、セと対戦する交流戦は、通算14試合に登板、3勝4敗、防御率3.46だった。故障離脱しているメッセンジャーは今季中の復帰に向けて再始動しているが、当面はメッセの“代役”としての期待を寄せられている。

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「エースの働きをするメッセンジャーほどの活躍を期待するのは酷でしょうが、先発としてきちんとゲームをつくるなど、一定の戦力になるのではないか。メンドーサは勝負球になるような特筆すべきボールを持ってはいないけれども、好投している時はツーシーム、チェンジアップ、カーブを低めに制球し、打たせて取る投球ができている。中南米のメキシコ出身で時に集中力を欠くなど、調子に波があるようにも見えるが、もしかしたらセの野球に向いているかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

もっと見る