• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッセの代役期待 メンドーサは虎逆転Vの救世主なれるか

「チームが優勝できるように貢献したい。プレーオフで投げたい」

 31日に阪神入りしたメンドーサ(33)は殊勝にこう言っていた。14年に日本ハムに入団し、4年目の今季は主に先発として20試合で3勝7敗、防御率3.97。成績はイマイチだが、15年には10勝をマークし、セと対戦する交流戦は、通算14試合に登板、3勝4敗、防御率3.46だった。故障離脱しているメッセンジャーは今季中の復帰に向けて再始動しているが、当面はメッセの“代役”としての期待を寄せられている。

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「エースの働きをするメッセンジャーほどの活躍を期待するのは酷でしょうが、先発としてきちんとゲームをつくるなど、一定の戦力になるのではないか。メンドーサは勝負球になるような特筆すべきボールを持ってはいないけれども、好投している時はツーシーム、チェンジアップ、カーブを低めに制球し、打たせて取る投球ができている。中南米のメキシコ出身で時に集中力を欠くなど、調子に波があるようにも見えるが、もしかしたらセの野球に向いているかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る