今季まだ23本塁打 メジャーが懸念するDeNA筒香の“懐具合”

公開日:

「もう少し本塁打が欲しいというのはある」

 DeNAの筒香嘉智(25)について、メジャー関係者がこう言う。

 近い将来、入札制度でメジャー挑戦する可能性があるといわれるハマの大砲。7日のヤクルト戦は無安打も、5日の同戦では山本の142キロの速球を右中間上段に叩き込んでいる。6月以降は打率3割以上をキープし、この日は8月度の月間MVPを受賞。徐々に調子を上げつつあるが、今季はここまで打率.287、23本塁打、83打点。昨季、打率.322、44本塁打、110打点の成績で本塁打、打点の2冠に輝いただけに、まだまだ物足りなさは否めない。

 前出の関係者は、「筒香の長所は打席での懐の深さ。しっかり懐に球を呼び込んで捉えられるところなのですが……」と、こう話す。

「今季は警戒されてなかなかストライクゾーンで勝負してくれない点はあるにせよ、とくにストレートに対応しきれず、昨年は本塁打していた球が外野フライになることが多い。これはメンタルに原因があるのではないか。打者は打ちたい打ちたいと思うほど、投手の球を見よう見ようとするもの。そのせいか筒香は体勢が若干、前のめり気味になっている。ストレートを狙って捉えたと思ってもタイミングが合わないのは、懐が浅くなっていることが原因だろう。メジャーでは体の近くまでボールを呼び込むくらいでないと、ツーシームやカッターなど動くボールに対応できないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る