今季まだ23本塁打 メジャーが懸念するDeNA筒香の“懐具合”

公開日:

「もう少し本塁打が欲しいというのはある」

 DeNAの筒香嘉智(25)について、メジャー関係者がこう言う。

 近い将来、入札制度でメジャー挑戦する可能性があるといわれるハマの大砲。7日のヤクルト戦は無安打も、5日の同戦では山本の142キロの速球を右中間上段に叩き込んでいる。6月以降は打率3割以上をキープし、この日は8月度の月間MVPを受賞。徐々に調子を上げつつあるが、今季はここまで打率.287、23本塁打、83打点。昨季、打率.322、44本塁打、110打点の成績で本塁打、打点の2冠に輝いただけに、まだまだ物足りなさは否めない。

 前出の関係者は、「筒香の長所は打席での懐の深さ。しっかり懐に球を呼び込んで捉えられるところなのですが……」と、こう話す。

「今季は警戒されてなかなかストライクゾーンで勝負してくれない点はあるにせよ、とくにストレートに対応しきれず、昨年は本塁打していた球が外野フライになることが多い。これはメンタルに原因があるのではないか。打者は打ちたい打ちたいと思うほど、投手の球を見よう見ようとするもの。そのせいか筒香は体勢が若干、前のめり気味になっている。ストレートを狙って捉えたと思ってもタイミングが合わないのは、懐が浅くなっていることが原因だろう。メジャーでは体の近くまでボールを呼び込むくらいでないと、ツーシームやカッターなど動くボールに対応できないからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る