• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18W杯に米スカウト集結 早実・清宮“掛け値なし”の評価

「日本人では珍しいパワフルなスイングだ」

 メジャー東地区の某球団スカウトが清宮幸太郎(3年=早実)をこう評価する。

 U18W杯が行われるカナダには世界の逸材目当てにメジャー30球団が視察に訪れている。かねてメジャー挑戦を目標に掲げる日本の主将兼4番も視察対象の一人だ。前出のスカウトが言う。

「僕らが高校生の打者で主に見ているのはスイングスピードだ。こっちでプレーするなら、150キロを超えるスピードがあり、なおかつボールが動く投手と対戦しないといけない。対応するにはヘッドを利かせ、鋭く速いスイングができないと難しい。その点でキヨミヤは1年時も見ているが、体が鍛え上げられて、理想のスイングに近づいていると感じる。たとえば同じ左の3番(安田)と比較すると打球音が違う。3番は振り出しが早い分、バットコントロールで勝負するアベレージ型。ただし、これでは力負けしてしまう。キヨミヤはスイングスピードがあるから打球音が大きいんだ。基本に忠実で緻密な日本の野球で100本以上、本塁打を打っているわけだし、米国の高校生を上回るパワーがあるとは言わないが、他国の選手が持っていないスキルと経験はプラスになるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事