U18W杯に米スカウト集結 早実・清宮“掛け値なし”の評価

公開日:

「日本人では珍しいパワフルなスイングだ」

 メジャー東地区の某球団スカウトが清宮幸太郎(3年=早実)をこう評価する。

 U18W杯が行われるカナダには世界の逸材目当てにメジャー30球団が視察に訪れている。かねてメジャー挑戦を目標に掲げる日本の主将兼4番も視察対象の一人だ。前出のスカウトが言う。

「僕らが高校生の打者で主に見ているのはスイングスピードだ。こっちでプレーするなら、150キロを超えるスピードがあり、なおかつボールが動く投手と対戦しないといけない。対応するにはヘッドを利かせ、鋭く速いスイングができないと難しい。その点でキヨミヤは1年時も見ているが、体が鍛え上げられて、理想のスイングに近づいていると感じる。たとえば同じ左の3番(安田)と比較すると打球音が違う。3番は振り出しが早い分、バットコントロールで勝負するアベレージ型。ただし、これでは力負けしてしまう。キヨミヤはスイングスピードがあるから打球音が大きいんだ。基本に忠実で緻密な日本の野球で100本以上、本塁打を打っているわけだし、米国の高校生を上回るパワーがあるとは言わないが、他国の選手が持っていないスキルと経験はプラスになるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る