• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

U18W杯に米スカウト集結 早実・清宮“掛け値なし”の評価

「日本人では珍しいパワフルなスイングだ」

 メジャー東地区の某球団スカウトが清宮幸太郎(3年=早実)をこう評価する。

 U18W杯が行われるカナダには世界の逸材目当てにメジャー30球団が視察に訪れている。かねてメジャー挑戦を目標に掲げる日本の主将兼4番も視察対象の一人だ。前出のスカウトが言う。

「僕らが高校生の打者で主に見ているのはスイングスピードだ。こっちでプレーするなら、150キロを超えるスピードがあり、なおかつボールが動く投手と対戦しないといけない。対応するにはヘッドを利かせ、鋭く速いスイングができないと難しい。その点でキヨミヤは1年時も見ているが、体が鍛え上げられて、理想のスイングに近づいていると感じる。たとえば同じ左の3番(安田)と比較すると打球音が違う。3番は振り出しが早い分、バットコントロールで勝負するアベレージ型。ただし、これでは力負けしてしまう。キヨミヤはスイングスピードがあるから打球音が大きいんだ。基本に忠実で緻密な日本の野球で100本以上、本塁打を打っているわけだし、米国の高校生を上回るパワーがあるとは言わないが、他国の選手が持っていないスキルと経験はプラスになるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る