U18W杯に米スカウト集結 早実・清宮“掛け値なし”の評価

公開日:

「日本人では珍しいパワフルなスイングだ」

 メジャー東地区の某球団スカウトが清宮幸太郎(3年=早実)をこう評価する。

 U18W杯が行われるカナダには世界の逸材目当てにメジャー30球団が視察に訪れている。かねてメジャー挑戦を目標に掲げる日本の主将兼4番も視察対象の一人だ。前出のスカウトが言う。

「僕らが高校生の打者で主に見ているのはスイングスピードだ。こっちでプレーするなら、150キロを超えるスピードがあり、なおかつボールが動く投手と対戦しないといけない。対応するにはヘッドを利かせ、鋭く速いスイングができないと難しい。その点でキヨミヤは1年時も見ているが、体が鍛え上げられて、理想のスイングに近づいていると感じる。たとえば同じ左の3番(安田)と比較すると打球音が違う。3番は振り出しが早い分、バットコントロールで勝負するアベレージ型。ただし、これでは力負けしてしまう。キヨミヤはスイングスピードがあるから打球音が大きいんだ。基本に忠実で緻密な日本の野球で100本以上、本塁打を打っているわけだし、米国の高校生を上回るパワーがあるとは言わないが、他国の選手が持っていないスキルと経験はプラスになるはずだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る