高校最後の試合で白星 清宮が語った“メジャー挑戦”の夢

公開日: 更新日:

 プロ注目のスラッガーが高校生活最後の試合を終えた。

 野球のU18W杯(カナダ)は10日(日本時間11日)、3位決定戦を行い、日本はカナダを8―1で下し銅メダルを獲得した。

 主将を務めた高校通算最多111本塁打の清宮幸太郎(早実)は三回無死満塁の好機に中前適時打。4打数1安打1打点でバットを置いた。

 試合後、指揮を執った小枝守監督に涙を流しながらウイニングボールを渡した清宮は「主将でしたけど、全然打てなかったですし、その中でずっと4番で使ってくれた。もう少し自分が打っていれば、決勝にも進めたと思うし、世界一も狙えた」と大会を振り返った。

 早大進学か、プロ入りかで注目される卒業後の進路に関しては「まだ決めていない」としながら、

「どの道に行っても目の前のことを一つ一つやっていかないと先はない」と話す。進路決定に際しての優先事項については「消去法は嫌いなので、自分が何をやりたいか見つけて、一番いい選択をしたいです」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る