高校最後の試合で白星 清宮が語った“メジャー挑戦”の夢

公開日: 更新日:

 プロ注目のスラッガーが高校生活最後の試合を終えた。

 野球のU18W杯(カナダ)は10日(日本時間11日)、3位決定戦を行い、日本はカナダを8―1で下し銅メダルを獲得した。

 主将を務めた高校通算最多111本塁打の清宮幸太郎(早実)は三回無死満塁の好機に中前適時打。4打数1安打1打点でバットを置いた。

 試合後、指揮を執った小枝守監督に涙を流しながらウイニングボールを渡した清宮は「主将でしたけど、全然打てなかったですし、その中でずっと4番で使ってくれた。もう少し自分が打っていれば、決勝にも進めたと思うし、世界一も狙えた」と大会を振り返った。

 早大進学か、プロ入りかで注目される卒業後の進路に関しては「まだ決めていない」としながら、

「どの道に行っても目の前のことを一つ一つやっていかないと先はない」と話す。進路決定に際しての優先事項については「消去法は嫌いなので、自分が何をやりたいか見つけて、一番いい選択をしたいです」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る