• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

現役引退か続行か 巨人・阿部の「進退」は早実・清宮次第

 逆転CS出場を狙う巨人の4番・阿部慎之助(38)の右足の状態が心配されている。

 5日の中日戦で右足親指に自打球を当てて途中交代。6日の試合は欠場し、ベンチにも入らずに治療に専念した。8日のヤクルト戦で復帰したものの、3打数無安打。この先も不動の4番が戦線離脱するようなら、4位巨人にとっては大きな痛手だ。

 先月13日に2000安打を達成。巨人の生え抜きでは川上、長嶋、王、柴田に次ぐ5人目の快挙だった。阿部は「それで辞めるのを考えるのもなんだし……。通過点にしたいけど、井口さんが43歳になる年までやったから、次の目標にしようかな」と話していたが、「燃え尽き症候群じゃないけど、記録を達成した後も気持ちを保ちながら成績を残し続けるのは、確かに難しいところはあります」と1983年に西武で2000安打を達成し、翌84年に引退した評論家の山崎裕之氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る