• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3位DeNAにゲーム差なしも 巨人“CS敗退確率”100%のワケ

「すべての試合で勝ちたい。まだ諦めていない」

 こう言ったのは、10日のヤクルト戦に先発して7回無失点の好投で13勝目を挙げたマイコラス(29)。阪神、DeNAとの対戦を控える12日からのカードを見据え、高橋監督も「勝負の週になる」と気合を込めた。

 巨人は前日、今季優勝の可能性が消滅。3年連続のV逸が決まって、指揮官も選手もCS出場に目を向ける。残り17試合で、現在4位。3位のDeNAとのゲーム差はなくなった。

 巨人は07年に導入されたCSに12球団で唯一、10年連続出場中。先発4本柱の菅野(15勝5敗、防御率1.69)、マイコラス(13勝6敗、同2.15)、田口(12勝3敗、同2.78)、畠(5勝2敗、同3.20)は抜群の安定感を誇り、「CSにさえ進めれば、日本シリーズ進出の下克上も十分可能」と球団関係者は期待するのだが、そうそう都合よくいくものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る