3位DeNAにゲーム差なしも 巨人“CS敗退確率”100%のワケ

公開日:  更新日:

「すべての試合で勝ちたい。まだ諦めていない」

 こう言ったのは、10日のヤクルト戦に先発して7回無失点の好投で13勝目を挙げたマイコラス(29)。阪神、DeNAとの対戦を控える12日からのカードを見据え、高橋監督も「勝負の週になる」と気合を込めた。

 巨人は前日、今季優勝の可能性が消滅。3年連続のV逸が決まって、指揮官も選手もCS出場に目を向ける。残り17試合で、現在4位。3位のDeNAとのゲーム差はなくなった。

 巨人は07年に導入されたCSに12球団で唯一、10年連続出場中。先発4本柱の菅野(15勝5敗、防御率1.69)、マイコラス(13勝6敗、同2.15)、田口(12勝3敗、同2.78)、畠(5勝2敗、同3.20)は抜群の安定感を誇り、「CSにさえ進めれば、日本シリーズ進出の下克上も十分可能」と球団関係者は期待するのだが、そうそう都合よくいくものか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る