無死満塁からフォーク連投 広島は“今村劇場”で勝利しM1

公開日:

 悲鳴が大歓声に変わった。

 広島が優勝マジックを1とした14日のDeNA戦。4―4の同点で迎えた八回に“今村劇場”の幕が開いた。

 この回からマウンドに上がった今村猛(26)がいきなり連打と四球で無死満塁の大ピンチを招く。胴上げを期待して球場に詰めかけた3万人超の広島ファンは天を仰いだが、ここからがスゴかった。

 開き直った今村が乙坂、後藤、倉本に「伝家の宝刀」フォークを連発。10球のうち決め球を7球投じて二ゴロ、三振、遊直に打ち取り、奇跡的に無失点で切り抜けた。

 今村は「ちょっとヒヤヒヤさせちゃいました」と振り返ったが、先月22日のDeNA戦ではそのフォークが裏目に出た。ロペス、宮崎に甘く入ったフォークを狙われ、連続アーチを浴びてサヨナラ負け。この日を境に抑えから中継ぎに“降格”した。当時、畝投手コーチはこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る