• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

無死満塁からフォーク連投 広島は“今村劇場”で勝利しM1

 悲鳴が大歓声に変わった。

 広島が優勝マジックを1とした14日のDeNA戦。4―4の同点で迎えた八回に“今村劇場”の幕が開いた。

 この回からマウンドに上がった今村猛(26)がいきなり連打と四球で無死満塁の大ピンチを招く。胴上げを期待して球場に詰めかけた3万人超の広島ファンは天を仰いだが、ここからがスゴかった。

 開き直った今村が乙坂、後藤、倉本に「伝家の宝刀」フォークを連発。10球のうち決め球を7球投じて二ゴロ、三振、遊直に打ち取り、奇跡的に無失点で切り抜けた。

 今村は「ちょっとヒヤヒヤさせちゃいました」と振り返ったが、先月22日のDeNA戦ではそのフォークが裏目に出た。ロペス、宮崎に甘く入ったフォークを狙われ、連続アーチを浴びてサヨナラ負け。この日を境に抑えから中継ぎに“降格”した。当時、畝投手コーチはこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る