• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

笑顔なく神妙…ロッテ佐々木の遅すぎたプロ初完投勝利

 ロッテのドラ1右腕・佐々木千隼(23、桜美林大)が、先発した13日の日本ハム戦で9回8安打1失点の好投。プロ初完投勝利を挙げた。

 八回1死満塁のピンチなどをしのぎ、「納得のいく試合のつくり方だった。苦しい期間が長かったのでホッとしました」と話した。

 佐々木は昨秋ドラフトで「外れ1位」として史上最多の5球団が競合。スカウトの間では、「即戦力という点では、(5球団競合の末にソフトバンク入りした)田中正義より上。2ケタ勝利は堅い」と評価された。

 が、開幕直後にプロ初登板初勝利を挙げてから4連敗。その後も苦しい投球が続き、7月5日の楽天戦を最後に二軍調整が続いていた。背中の故障もあって、この日が実に70日ぶりの登板。5月25日以来の3勝目と長いトンネルだった。

 この即戦力ルーキーが二軍落ちしている間に、チームは最下位にどっしりと腰を落ち着け、伊東監督の今季限りでの退団も決まった。それだけに、「もっと思い描いているような球を投げたい」と、最後まで神妙な表情を崩さなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る