メジャーでも二刀流挑む ハム大谷の“本命球団”はどこだ?

公開日:

 今オフのメジャー挑戦が明らかになった日本ハムの大谷翔平(23)には、実は希望球団があるという。

 さる日本ハムOBによれば、「日本人エースがいなくて、やり甲斐のあるところ」だそうだ。これだけでは、あまりにも漠然としているが、「メジャー実績のある日本人投手の後を追い掛けるのではなく、自分自身で新たな道を切り開きたい。要するにメジャーでも投打の二刀流にチャレンジしたいのですよ」と、このOB氏は言う。

 高校卒業時には日本のプロ野球ではなく、いきなりメジャーに挑戦しようとした。そんな大谷を日本ハムは、二刀流という前代未聞のプランを提示して口説いた。大谷はとにかく、フロンティア精神が旺盛なのだ。現在のメジャー球界に打撃の良い投手は山ほどいても、投手と打者を両立しながらそれなりの結果を出した選手は皆無。だからこそ大谷はチャレンジしたいのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る