FA権行使を示唆 日本ハム中田が“強気発言”に隠したホンネ

公開日:

 この成績で、もろ手を挙げて迎え入れてくれる球団があると思っているのか。

 9日、日本ハムの中田翔(28)が今季取得したFA権について、「まだ分からないけど、いろんな話を聞けたらいい」と、行使を示唆した。

 中田は今季、打率.216、16本塁打、67打点。開幕直後こそ右足内転筋の筋挫傷で離脱したが、今季は129試合に出場している。WBCでの疲労などがあるとはいえ、この成績ではさすがに擁護も不可能。中田獲得を狙う球団が、次々に撤退したという報道もされた。

 それでも本人はFA権行使に前向きの発言。自分の置かれた状況が分かっていないのか。

「単純に、『もしオファーがあるとすれば、話は聞きたい』程度の願望でしょう。現在の自分が他球団からどんな目で見られているか理解できないほど、中田はバカじゃない。もともと負けん気の強い性格だけに、『FA? 無理やろ』と報道陣に言えなかっただけかもしれない」(球団OB)

 手を挙げる球団があるかどうか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る