オリは獲得否定も 今季絶不調のハム中田“今が買い”の根拠

公開日: 更新日:

 確かに手を出しづらい数字ではある。

 すでに国内FA権を取得して、オフの去就が注目されている日本ハムの中田翔(28)。

 当初は阪神入りが確実視されたものの、実は本人がオリックス入りを望んでいるという話に。そのオリックスも「今のところ興味はない」との関係者のコメントが公になった。

 1日現在、打率.217、16本塁打、67打点。打率はプロ10年間で最低、本塁打と打点は2011年以降ワーストだ。これが入団2、3年目の若手というならまだしも、年俸2億8000万円の4番打者の成績なのだから、阪神やオリックスが獲得に及び腰、いや、後ろ向きになるのも納得か。

「けれども……」と、さる日本ハムOBがこう言った。

「今年の中田は不調の原因がハッキリしています。春先のWBCで例年以上に早い仕上げを余儀なくされた上、今年が勝負と周囲から強いプレッシャーを受けた。これまで以上の成績を残さないと阪神に取ってもらえないとか、他球団に移籍するとしても買いたたかれるなどと、周囲に散々、吹き込まれたのです。見た目とは違ってナーバスな男だけに、今季は必要以上に力みまくり、振り回し過ぎたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る