• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オリは獲得否定も 今季絶不調のハム中田“今が買い”の根拠

 確かに手を出しづらい数字ではある。

 すでに国内FA権を取得して、オフの去就が注目されている日本ハムの中田翔(28)。

 当初は阪神入りが確実視されたものの、実は本人がオリックス入りを望んでいるという話に。そのオリックスも「今のところ興味はない」との関係者のコメントが公になった。

 1日現在、打率.217、16本塁打、67打点。打率はプロ10年間で最低、本塁打と打点は2011年以降ワーストだ。これが入団2、3年目の若手というならまだしも、年俸2億8000万円の4番打者の成績なのだから、阪神やオリックスが獲得に及び腰、いや、後ろ向きになるのも納得か。

「けれども……」と、さる日本ハムOBがこう言った。

「今年の中田は不調の原因がハッキリしています。春先のWBCで例年以上に早い仕上げを余儀なくされた上、今年が勝負と周囲から強いプレッシャーを受けた。これまで以上の成績を残さないと阪神に取ってもらえないとか、他球団に移籍するとしても買いたたかれるなどと、周囲に散々、吹き込まれたのです。見た目とは違ってナーバスな男だけに、今季は必要以上に力みまくり、振り回し過ぎたのでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る