• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金本流でもうひと皮…阪神オフの補強はやっぱりFA中田翔

 18日、広島の緒方監督が宙に舞う姿を目の当たりにした金本監督の胸中は、さぞかし複雑だったに違いない。

 田中、菊池、丸……生え抜きの若手たちが打って走って得点を重ね、リーグ2連覇。ドラフトと育成を重視する古巣のチームづくりは、金本監督が理想とするところでもあるからだ。

 くしくも同日は7年目の中谷将大(24)が自身初の20本塁打をマークした。金本監督がこの中谷を含めた若手にキャンプから猛練習やウエートトレーニングを課した成果には違いない。

■「エースと4番は育てるものではない」

 その金本監督は中谷に関して「取り組む姿勢を変えれば、もっとやれるはず。そこは彼次第」と言った。中谷自身が意識を変えれば、いま以上の打者に成長するということだろうが、だからといって中谷以下、阪神の若手が意識改革や猛練習によって、ケガで離脱中の広島・鈴木誠也(23)のような三拍子そろった4番打者に育つかといえば疑問と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る