金本流でもうひと皮…阪神オフの補強はやっぱりFA中田翔

公開日:

 18日、広島の緒方監督が宙に舞う姿を目の当たりにした金本監督の胸中は、さぞかし複雑だったに違いない。

 田中、菊池、丸……生え抜きの若手たちが打って走って得点を重ね、リーグ2連覇。ドラフトと育成を重視する古巣のチームづくりは、金本監督が理想とするところでもあるからだ。

 くしくも同日は7年目の中谷将大(24)が自身初の20本塁打をマークした。金本監督がこの中谷を含めた若手にキャンプから猛練習やウエートトレーニングを課した成果には違いない。

■「エースと4番は育てるものではない」

 その金本監督は中谷に関して「取り組む姿勢を変えれば、もっとやれるはず。そこは彼次第」と言った。中谷自身が意識を変えれば、いま以上の打者に成長するということだろうが、だからといって中谷以下、阪神の若手が意識改革や猛練習によって、ケガで離脱中の広島・鈴木誠也(23)のような三拍子そろった4番打者に育つかといえば疑問と言わざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る