• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

打撃不振でFA移籍厳しく…ハム中田翔にトレード放出情報

 日本ハムの4番・中田翔(28)が最近、ふさぎ込んでいるという。

 5日現在、打率.215、16本塁打、67打点。3年続いた100打点、5年続いた20本塁打が、今年で途切れるのは間違いない。

「今季中に国内FAを取得したものの、成績が成績ですからね。現時点で中田獲得に乗り出している球団は、おそらくないのでしょう」と、在阪マスコミ関係者がこう言った。

「阪神は金本監督が生え抜きの若手育成に舵を切っているし、オリックスも獲得には消極的。ロメロ(28)、マレーロ(29)の両外国人と契約を延長しているうえ、今年で3年契約が切れる小谷野(36)と中島(35)も残留が内定。中田が入ったとしても、一、三塁と外野はふさがっていてどうやらポジションがないらしい。中田は日本ハムの首脳陣やフロントの評価が低いことは承知している。だからこそ今季はそれなりの成績を残してFA移籍しようと考えていたようですが、成績が成績だし、移籍先の候補だった阪神やオリックスも乗り気ではないことが分かってきた。それで本人はふさぎ込んでいるのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る