打撃不振でFA移籍厳しく…ハム中田翔にトレード放出情報

公開日: 更新日:

 日本ハムの4番・中田翔(28)が最近、ふさぎ込んでいるという。

 5日現在、打率.215、16本塁打、67打点。3年続いた100打点、5年続いた20本塁打が、今年で途切れるのは間違いない。

「今季中に国内FAを取得したものの、成績が成績ですからね。現時点で中田獲得に乗り出している球団は、おそらくないのでしょう」と、在阪マスコミ関係者がこう言った。

「阪神は金本監督が生え抜きの若手育成に舵を切っているし、オリックスも獲得には消極的。ロメロ(28)、マレーロ(29)の両外国人と契約を延長しているうえ、今年で3年契約が切れる小谷野(36)と中島(35)も残留が内定。中田が入ったとしても、一、三塁と外野はふさがっていてどうやらポジションがないらしい。中田は日本ハムの首脳陣やフロントの評価が低いことは承知している。だからこそ今季はそれなりの成績を残してFA移籍しようと考えていたようですが、成績が成績だし、移籍先の候補だった阪神やオリックスも乗り気ではないことが分かってきた。それで本人はふさぎ込んでいるのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る