打撃不振でFA移籍厳しく…ハム中田翔にトレード放出情報

公開日:  更新日:

 日本ハムの4番・中田翔(28)が最近、ふさぎ込んでいるという。

 5日現在、打率.215、16本塁打、67打点。3年続いた100打点、5年続いた20本塁打が、今年で途切れるのは間違いない。

「今季中に国内FAを取得したものの、成績が成績ですからね。現時点で中田獲得に乗り出している球団は、おそらくないのでしょう」と、在阪マスコミ関係者がこう言った。

「阪神は金本監督が生え抜きの若手育成に舵を切っているし、オリックスも獲得には消極的。ロメロ(28)、マレーロ(29)の両外国人と契約を延長しているうえ、今年で3年契約が切れる小谷野(36)と中島(35)も残留が内定。中田が入ったとしても、一、三塁と外野はふさがっていてどうやらポジションがないらしい。中田は日本ハムの首脳陣やフロントの評価が低いことは承知している。だからこそ今季はそれなりの成績を残してFA移籍しようと考えていたようですが、成績が成績だし、移籍先の候補だった阪神やオリックスも乗り気ではないことが分かってきた。それで本人はふさぎ込んでいるのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る