アストロズがリーグ優勝決定戦一番乗り 2度目WS進出狙う

公開日:

 ア・リーグ西地区を独走したアストロズが順当にリーグ優勝決定戦進出を決めた。

 地区シリーズ突破に王手をかけて臨んだ9日(日本時間10日)のレッドソックス戦。アストロズ・ヒンチ監督は今季14勝右腕のモートンを五回途中で諦め、タイガースから移籍したバーランダーを投入。11年のサイ・ヤング賞右腕は、いきなり2ランを浴びたが、その後は無失点で切り抜け、最後は守護神ジャイルズへとつないで逃げ切った。

 レッドソックスは二回に球審の判定に抗議したファレル監督が退場。今季17勝で最多奪三振(308)のセールまでつぎ込みながら及ばなかった。

 アストロズはナ・リーグに所属した05年以来、2度目のワールドシリーズ進出を目指す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る