ダルや田中はどうなる 日本人メジャーリーガー来季の命運

公開日:

 今オフは日本人選手の去就が、日米で注目を集めそうだ。

 中でも最大の関心事は今季途中、ドジャースに移籍したダルビッシュ有(31)。11年オフにレンジャーズと交わした総額46億円の6年契約が満了するからだ。レンジャーズから選出された今季の球宴前日の会見で球団への愛着を口にしたダルは「好きというのと、契約をするというのは別の話。ビジネスなので」と話しており、今オフは複数年の大型契約をもくろんでいる。

「ドジャース移籍後は9試合で4勝3敗、防御率3.44と結果を残した。来年の8月で32歳と投手としてピークに達するとはいえ、潜在能力は十分だけに、5年1億5000万ドル(約164億円)の巨額契約を手にできると思う。ドジャース、レンジャーズが手を引いても、資金力が豊富で先発陣が手薄なカブス、ジャイアンツの2球団が獲得に乗り出すでしょう」(スポーツライター・友成那智氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  6. 6

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

もっと見る