おかわり中村は契約最終年 終戦西武がFA行使に戦々恐々

公開日:  更新日:

 CSファーストステージで楽天に敗れ去った西武。FA移籍濃厚といわれている牧田と同じくらい、球団が気を揉んでいるのが「おかわりくん」こと主砲・中村(34)の扱いだろう。

 今季は痛めている左ヒザや腰痛で離脱した影響もあり、115試合で27本塁打、79打点、打率.217。「7番・三塁」で出場したCSでも、3試合で12打数3安打と低空飛行だった。16日の最終戦では失点にはつながらなかったものの、1点ビハインドの緊迫した六回に失策もやらかした。昨季も不調や離脱で21本塁打に終わるなど、往時の力はすでにない。

 今季は4年契約の最終年。年俸4億1000万円からの大幅ダウンは避けられそうもないが、球団は安易に減額を踏み切れない事情がある。それが取得して以来、一度も使っていないFA権だ。

「中村は12年に国内FA権、14年に海外FA権を取得したが、いずれも行使せずに残留。これまで球団側も複数年契約で流出を阻止し、本人も居心地のいい西武を気に入っている。しかし、あまりぞんざいに扱えば、昨オフに楽天へ流出した岸の二の舞いとなりかねない。中村は西武の看板選手。仮に移籍となれば客足にも影響しかねず、岸以上の痛手になる。そうした球団の事情は中村も把握している。大幅ダウンを防ぐため移籍をチラつかせるなど、あの手この手を仕掛けてきてもおかしくない」(球団OB)

 昨季の契約更改では「来季のこと? 4年契約が終わるんだから考えてます。考えない方がバカでしょ」と話した中村。球団は戦々恐々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る