おかわり中村は契約最終年 終戦西武がFA行使に戦々恐々

公開日: 更新日:

 CSファーストステージで楽天に敗れ去った西武。FA移籍濃厚といわれている牧田と同じくらい、球団が気を揉んでいるのが「おかわりくん」こと主砲・中村(34)の扱いだろう。

 今季は痛めている左ヒザや腰痛で離脱した影響もあり、115試合で27本塁打、79打点、打率.217。「7番・三塁」で出場したCSでも、3試合で12打数3安打と低空飛行だった。16日の最終戦では失点にはつながらなかったものの、1点ビハインドの緊迫した六回に失策もやらかした。昨季も不調や離脱で21本塁打に終わるなど、往時の力はすでにない。

 今季は4年契約の最終年。年俸4億1000万円からの大幅ダウンは避けられそうもないが、球団は安易に減額を踏み切れない事情がある。それが取得して以来、一度も使っていないFA権だ。

「中村は12年に国内FA権、14年に海外FA権を取得したが、いずれも行使せずに残留。これまで球団側も複数年契約で流出を阻止し、本人も居心地のいい西武を気に入っている。しかし、あまりぞんざいに扱えば、昨オフに楽天へ流出した岸の二の舞いとなりかねない。中村は西武の看板選手。仮に移籍となれば客足にも影響しかねず、岸以上の痛手になる。そうした球団の事情は中村も把握している。大幅ダウンを防ぐため移籍をチラつかせるなど、あの手この手を仕掛けてきてもおかしくない」(球団OB)

 昨季の契約更改では「来季のこと? 4年契約が終わるんだから考えてます。考えない方がバカでしょ」と話した中村。球団は戦々恐々だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る