日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“日ハムに激震”と大騒ぎ FA行使示唆の4人は事実上の放出

 11日、日本ハムの栗山監督が東京支社に赴き、末沢オーナーにシーズン報告を行った。

 指揮官は5位に終わったことに「本当に申し訳ないです」と頭を下げたものの、オーナーは「もう来年に向けてスタートしている。しっかり準備してほしい」とエール。来季1年の契約延長が正式に決まった。

 問題は戦力だ。

 12日に「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を行う大谷翔平(23)はオフのメジャー挑戦が確実視されている。

 投打の大黒柱の二刀流が抜ける上、中田翔(28)、増井浩俊(33)、宮西尚生(32)、大野奨太(30)の4人もFA権の行使を示唆している。

 栗山監督はシーズン報告の席上、FA選手が話題に上ったことを明らかにした上で、「オレは何も答えられない。選手が勝ち取った権利だし、オレの方から言うことではない」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事