CS敗退食い止める好投 楽天岸を奮起させた西武との“因縁”

公開日:

 古巣をねじ伏せた。15日のCSファーストステージ第2戦。初戦を落として後のなくなった楽天を、FA右腕が救った。先発の岸(32)が七回途中、3安打無失点と好投。無四球の8奪三振と完璧な内容だった。

「初回から全力。交代と言われるまで、全力で投げました」(岸)

 移籍1年目の今季、岸は前半戦で7勝を挙げながら、後半戦は1勝止まり。7連敗でレギュラーシーズンを終えた。それでも首脳陣の信頼は変わらず、当然のように用意されたCS先発の大役。「ここで勝てなきゃ何をしてるんだ」と意気に感じたというが、これこそが西武を出る理由のひとつだった。

■球団のフロントが「この日までに決めてくれ」

 岸は昨季、初めてのFA権を取得。しかし、球団側は残留交渉もそこそこに、「チーム編成が遅れるから」と早期決断を迫ったと報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る