CS敗退食い止める好投 楽天岸を奮起させた西武との“因縁”

公開日: 更新日:

 古巣をねじ伏せた。15日のCSファーストステージ第2戦。初戦を落として後のなくなった楽天を、FA右腕が救った。先発の岸(32)が七回途中、3安打無失点と好投。無四球の8奪三振と完璧な内容だった。

「初回から全力。交代と言われるまで、全力で投げました」(岸)

 移籍1年目の今季、岸は前半戦で7勝を挙げながら、後半戦は1勝止まり。7連敗でレギュラーシーズンを終えた。それでも首脳陣の信頼は変わらず、当然のように用意されたCS先発の大役。「ここで勝てなきゃ何をしてるんだ」と意気に感じたというが、これこそが西武を出る理由のひとつだった。

■球団のフロントが「この日までに決めてくれ」

 岸は昨季、初めてのFA権を取得。しかし、球団側は残留交渉もそこそこに、「チーム編成が遅れるから」と早期決断を迫ったと報じられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る