Bクラス転落…育成掲げる巨人に「掛布二軍監督」のススメ

公開日:  更新日:

 今季まで阪神の二軍監督を務めた掛布雅之氏(62)が18日に放送されたTBSラジオの番組に出演。他球団からオファーがあった場合に応じる姿勢を示した。

 パーソナリティーの伊集院光から「阪神以外のオファーがあったら」と聞かれると、「どこのユニホームでも着ると思います。野球界に対して、そういうチャンスをいただけるんであれば、行かなくてはいけないだろうと。そういう気持ちは二軍監督をしてより強くなりました」と明言した。

 来年は阪神のオーナー付アドバイザーへの就任が濃厚とされるが、掛布氏本人が「どこでも」と言うなら、真っ先に手を挙げるべきは、今季Bクラス4位に沈んだ宿敵巨人ではないか。

「掛布二軍監督は秋山、中谷、高山、原口、江越らの若手にきっかけを与え、今季リーグ2位に入った阪神の育成面を担った。指導方針を巡って金本監督と意見が対立したが、退任が決まると二軍選手は『掛布さんのために』と口を揃えるなど信頼を得ていた。一方、巨人のチーム再建のカギは『若手の育成』だと高橋由伸監督ははっきり言っている。だったら掛布さんを二軍監督として招聘するのはダメなのか? そんな声が巨人のチーム内外に上がっています」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る