「現状ではプロ厳しい」広岡達朗氏が語る成功の必要条件

公開日: 更新日:

「今の状況ではプロでは厳しい。ユニホーム姿を見ても寸胴の体形で、足が使えないからです」

 清宮幸太郎についてこう断ずるのは、球界の重鎮・広岡達朗氏だ。

 清宮は小さいころからよく食べ、中学時代に100キロを超えてダイエットをした経験がある。今は184センチで体重は100キロほどだが、トレーニングの効果もあり筋量が増加した。2年秋に主将に就任、自身も含めて個々の選手に「球速5キロ、飛距離5メートル、体重5キロ増」の目標を設定したのだ。

「入学したころから、食事面からフィジカルに対する意識を変えたいと思っていた。ウエートの後にプロテインを飲んだり、練習の合間におにぎりで補食をとるようにしています。お腹がすいたまま運動すると、エネルギーを補うために筋肉量が減ってしまう」

 本人は今年1月にこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る