「現状ではプロ厳しい」広岡達朗氏が語る成功の必要条件

公開日:

「今の状況ではプロでは厳しい。ユニホーム姿を見ても寸胴の体形で、足が使えないからです」

 清宮幸太郎についてこう断ずるのは、球界の重鎮・広岡達朗氏だ。

 清宮は小さいころからよく食べ、中学時代に100キロを超えてダイエットをした経験がある。今は184センチで体重は100キロほどだが、トレーニングの効果もあり筋量が増加した。2年秋に主将に就任、自身も含めて個々の選手に「球速5キロ、飛距離5メートル、体重5キロ増」の目標を設定したのだ。

「入学したころから、食事面からフィジカルに対する意識を変えたいと思っていた。ウエートの後にプロテインを飲んだり、練習の合間におにぎりで補食をとるようにしています。お腹がすいたまま運動すると、エネルギーを補うために筋肉量が減ってしまう」

 本人は今年1月にこう話していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る