権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

格の違いを見せること…プロの投手の意地が清宮を育てる

公開日: 更新日:

 7球団が競合した末に日本ハムが交渉権を獲得した清宮幸太郎が、1年目から一軍で活躍できるかどうかは分からない。

 プロで成功する条件をひとつだけ挙げるとするなら、私は「順応性」だと答えている。どんなに能力が高くても、どんなに素質があっても、これがなければ、なかなか才能は開花しない。プロの環境、人間関係、相手投手のレベルにファンの視線……あらゆるものに柔軟に対応するセンスがあるかないか、これがプロで数字を残す第一条件だと思っている。そしてこの順応性は、教えてできるものではなく、スカウトが見抜けるものでもない。

 清宮は小学生の頃から名を馳せ、高校では3年間で111本の本塁打を積み上げた。幼少期から注目を集める中で、それぞれのステージで結果を出してきたとはいえ、プロはまた別次元である。

 もし彼がこれまで通りの順応性を発揮し、順調に一軍の舞台に這い上がってきたとき、対戦する投手に注文がある。プロの凄さ、レベルの高さを清宮に見せつけてやって欲しい、ということである。私は各球団で投手コーチを務めていた際、前評判の高い新人を打席に迎えると、バッテリーには決まって「坊やに変化球はいらん。真っすぐ一本。格の違いを見せてやれ!」と指示を出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る