清宮には逆効果 日ハムが検討する箱詰め“大谷待遇”の是非

公開日: 更新日:

大谷は公私を徹底管理

 早実・清宮幸太郎(18)の交渉権を獲得した日本ハム・栗山監督(56)が27日、スカウトと指名挨拶に訪れた。手土産に、清宮の大好物である柿を高島屋で購入して持参。清宮本人のメディア対応はなかったものの、大勢の報道陣が集結した。

 入団後はさらなる清宮フィーバーが予想される。関西大学・宮本名誉教授の試算によると、本拠地である札幌の経済効果は62億円超。これは10年ドラフトで入団したハンカチ王子・斎藤佑樹の52億円を上回る数字で、球場はもちろん、千葉の二軍施設にもファンが押し寄せるのは確実だ。球団は専属広報を含む、大谷翔平(23)のようなVIP待遇を検討しているといわれるが、その大谷は1年目から球団に公私を徹底管理された。

「キャンプ地での外出禁止」「ぶら下がり取材禁止」といった厳しい規制を本人とメディアにかけ、先輩選手と食事に出かけるだけでも球団の許可を得るよう指導した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る