清宮には逆効果 日ハムが検討する箱詰め“大谷待遇”の是非

公開日:

大谷は公私を徹底管理

 早実・清宮幸太郎(18)の交渉権を獲得した日本ハム・栗山監督(56)が27日、スカウトと指名挨拶に訪れた。手土産に、清宮の大好物である柿を高島屋で購入して持参。清宮本人のメディア対応はなかったものの、大勢の報道陣が集結した。

 入団後はさらなる清宮フィーバーが予想される。関西大学・宮本名誉教授の試算によると、本拠地である札幌の経済効果は62億円超。これは10年ドラフトで入団したハンカチ王子・斎藤佑樹の52億円を上回る数字で、球場はもちろん、千葉の二軍施設にもファンが押し寄せるのは確実だ。球団は専属広報を含む、大谷翔平(23)のようなVIP待遇を検討しているといわれるが、その大谷は1年目から球団に公私を徹底管理された。

「キャンプ地での外出禁止」「ぶら下がり取材禁止」といった厳しい規制を本人とメディアにかけ、先輩選手と食事に出かけるだけでも球団の許可を得るよう指導した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る