清宮には逆効果 日ハムが検討する箱詰め“大谷待遇”の是非

公開日: 更新日:

大谷は公私を徹底管理

 早実・清宮幸太郎(18)の交渉権を獲得した日本ハム・栗山監督(56)が27日、スカウトと指名挨拶に訪れた。手土産に、清宮の大好物である柿を高島屋で購入して持参。清宮本人のメディア対応はなかったものの、大勢の報道陣が集結した。

 入団後はさらなる清宮フィーバーが予想される。関西大学・宮本名誉教授の試算によると、本拠地である札幌の経済効果は62億円超。これは10年ドラフトで入団したハンカチ王子・斎藤佑樹の52億円を上回る数字で、球場はもちろん、千葉の二軍施設にもファンが押し寄せるのは確実だ。球団は専属広報を含む、大谷翔平(23)のようなVIP待遇を検討しているといわれるが、その大谷は1年目から球団に公私を徹底管理された。

「キャンプ地での外出禁止」「ぶら下がり取材禁止」といった厳しい規制を本人とメディアにかけ、先輩選手と食事に出かけるだけでも球団の許可を得るよう指導した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る